不登校の親は仕事何してる?30人のアンケート結果と働くメリット・デメリットも!

こんにちは!

コンパッションで家族の理想の未来を実現するセラピスト あさぎです。

子どもが不登校になると家で過ごす時間が増えて、イライラしてしまう方も多いと思います。

この記事では不登校を経験した親にアンケートを取り、働いている仕事をリサーチしました。

心配しすぎを防ぎ、子どもと距離を取るために、親は仕事した方がいいと言われています。

不登校の親が働いていてよかった・困ったエピソードもまとめましたので、ぜひ読んでくださいね。

目次

不登校の親は仕事しているの?30人にアンケート調査

今回は子どもが不登校になった経験がある母親30人にアンケートを実施しました。

※クラウドワークスにて2022年4月実施

子どもが不登校時に仕事をしていましたか?

まずは「不登校時に仕事をしていましたか?」についてのアンケート結果です。

不登校は働いていた?のグラフ

結果は、「はい」が23人、「いいえ」が7人になりました。

過半数以上の人が働いていた結果です。

低学年でも働いている人はいる

働いている23人の方にお子さんの年齢を調査した結果はこちらです。

  • 中学1年生…6人
  • 中学2年生…5人
  • 小学1・2年生…7人
  • その他…5人

子どもが低学年で働けない方もいたのですが、7人の方は仕事をしている結果になりました。

仕事内容は、ライター、デザイナー、内職などの在宅ワークが中心でした。

在宅ワークなら子どもの送迎など臨機応変にできて、誰かに迷惑がかかることもありません。

その代わり子どもの様子が気になって、仕事がはかどらないデメリットもありますが…。

不登校の母親の仕事内容

不登校の母親の仕事内容のアンケート結果はこちらです。

  • 在宅ワーク・内職…4人
  • 事務職…6人
  • その他…13人

その他は、公務員や製造業、小学校講師、看護師などでした。

おそらく、不登校の前から仕事を継続している方も多いと思います。

あさぎ
子どもが高学年や中学校になれば、自分の事は自分で対応できるので、長時間の職場でも働けるようになりますね。

不登校の親が仕事してよかったエピソードをご紹介!

ここでは不登校の親が仕事をしてよかったエピソードをご紹介します。

23人のエピソードをまとめると、よかった事は主に3つあげられます。

  • 気持ちの切り替えができた・リフレッシュになる
  • 愚痴を聞いてもらったり、相談にのってもらえる
  • 収入が増えるので、いろいろな事に挑戦できるようになる

自分の時間と家族との時間の切り替えがクリアに出来た。

仕事に集中している時は、家庭のことを忘れることができて気持ちがすっきりした。

同僚に話したら、いろいろ相談にのってもらえた。

不登校の事を考える時間が少なくなって楽になった。また収入が増えたことで気持ちが安定したのと、そのお金で子どもを塾に通わせたり、旅行するなどいろいろな経験をさせてあげることができた。

やはり子どもと一緒にいると、余計な小言を言ってしまったり、子どもの様子が気になってしまいます。

そして些細なことでケンカになり、親子関係が煮詰まってしまう事もあります。

あさぎ
仕事に集中すれば、子どもや家庭の事を忘れられるので、リフレッシュや気分転換につながるのですね。

不登校の親は仕事のやりくりが大変!困ったエピソードをご紹介!

ここでは不登校の親が仕事をしていて、困ったエピソードをご紹介します。

やはり仕事をしていると、子どもにも仕事先にも気を使ってしまうので、親は板挟みになってしまいます。

どちらも大切にしたいので、優先順位をつけるのが本当に難しい問題です。

困ってしまう点は主に3つあげられます。

  • 仕事先に遅刻や早退、お休みで迷惑がかかってしまう
  • 子どもの生活が乱れる(テレビ・ゲームばかり)
  • 子どもの様子が気になってしまう

子どもが何か始めたい時、たとえば保健室登校など送迎で仕事に遅れるなど、度々あった。

仕事の間、打ち合わせの際はテレビを見させていたので、一日のテレビを見る量が多くなった。

頻繁にお休みをもらい、パート仲間に迷惑をかけてしまった。

仕事に行っている間子どもの生活を管理することができず、昼夜逆転の生活になってしまった。

家に帰ったら子どもが暴れて物が散らかっていた。

仕事の休憩時間に、子どもが用意した食事をきちんと摂ったか、思い詰めていないかが気になり始め、休憩が終わってもそのことを引きずってしまった

仕事をするといい面もありますが、やはり困ってしまう場面もあります。

仕事先では家庭の事情を説明し、できる限りの範囲でカバーをする。

子どもとも家庭のルールを話し合い、自分のことは自分でやる、など自立を促していく事が課題です。

子どもばかり優先していたら、親は振り回されて疲れてしまいます。

子どもには早めの決断や、自分のやりたい事は親に依存せず、自分の力で切り開いていくこと、などを伝えていきたいですね。(子どもの状況によります)

不登校の親は仕事を辞めるべきか悩むこともある

子どもが家にいる場合は、親は仕事に出た方が精神的にもよいと思います。

しかし、子どもと過ごす時間が減ったり、急な送迎や行事の対応に振り回されてしまうこともあります。

仕事先に迷惑がかかってしまうと、辞めた方がいいのでは…?と悩む方も多いです。

悩んでしまった時は、2つについて検討してみてください。

仕事を辞めても学校に行くとは限らない

親が仕事を辞めたとしても、子どもが学校に行くとは限りません。

だから仕事を辞めるのは最終手段にした方がよいです。

親が家にいることによって、さらに関係がギクシャクしてしまう事も考えられます。

仕事を辞めても子どものせいにはしない」と後悔がないのであれば、辞めてもよいのではないかと思います。

サボティ
一旦仕事を辞めてしまうと、就職活動をするのは大変なので、本当に難しい問題です。

働き方を変えてみる

不登校は、子どもの送迎や一緒にいて欲しい要望など、イレギュラーな対応がたくさんあります。

時間のやりくりが上手くいかないこともしょっちゅうです。

そんな時は働き方を変えるという方法もあります。

正社員の方は、リモートワークや時短勤務へ変更。

アルバイトやパートの場合は、仕事が変わりますが、在宅ワークや内職を探してみる。

不登校の親にとって、一番理想なのは在宅ワークだと思います。

あさぎ
未経験だと不安ですが、挑戦するだけなら損はしないので。

Indeedで「リモートワーク 未経験」で検索すると、何件もヒットします。

興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

▶Indeedでリモートワークを探してみる

▶エリクラで近所の仕事を探すにはこちらをタップ



【まとめ】不登校の親は仕事した方が気持ちがラクになる

不登校の経験がある親30人のアンケート結果は、23人の方が仕事している結果になりました。

子どもが低学年の場合でも、在宅ワークや内職でやりくりをされています。

仕事すれば、子どもや家庭の事を忘れられるので、気持ちの切り替えができリフレッシュできます。

もし、親子関係に行き詰まっていて、気持ちがイライラしている場合は、仕事を始めると気持ちがラクになるかもしれません。

あさぎ
私自身も子どもの様子が気になりましたが、ブログを書く事で気持ちの切り替えができ、イライラせずに済みました。 

ずっと一緒に過ごしていると、子どもをコントロールしたくなってしまうため、意識して距離を取ってみてくださいね。

私の公式LINEでは、不登校のママも子どもも幸せになる!【コンパッションの魔法の言葉集】をお配りしています。

今日からでもすぐ子どもにお伝えできますので、ぜひLINE登録してくださいね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる