【不登校の夏休みの過ごし方】信頼関係を築くためにやってよかったこと3つ!

こんにちは!

コンパッションで家族の理想の未来を実現するセラピスト あさぎです。

不登校の子にとって、夏休みは学校からの罪悪感がないので、ホッとリラックスできる期間です。

過敏性腸症候群だった息子も、土日と夏休みは腹痛なく、朝から行動できていました。

この記事では、私が夏休みに【親子の信頼関係を築くためにやってよかったこと3つ】をまとめました。

今はゲームやメディアで人間関係が希薄なので、親子の交流がとても大切だと感じます。

目次

不登校の夏休みの過ごし方は?小学生高学年の我が家の場合

夏休みなると、学校に行く・行かないのプレッシャーから解放されて、子どもはリラックスできます。

ここで体調が良さそうだからと、勉強や生活リズムについて、アレコレ親が指示するのはNGです。

親から言われるとせっかくのお休み気分が台無しです。

まずはせっかく解放されたのだから、子どものペースで過ごしてもらうのがいいのかなと思います。

そして寝坊が続き、本人が「やばいぞ!」と気づいた時に、一緒に考えます。

「どうしたら早く起きられそうかな?」と問いかけをしたり、「〇〇する方法もあるよ」とサポートすると、すんなり話が進みました。

あさぎ
ほおっておいたら、自発的にやりだした!という話もよく聞きますよね。

子どものやりたい事を中心に【自由を満喫!】

夏休みは基本的に子どものやりたい事を中心に過ごしました。

バーベキューや旅行を張り切って計画しようと思いましたが、子ども達が乗り気じゃない!

親が勝手に一人で計画するのはよくないですね。

疲れちゃうし、文句があると、「私がこんなにがんばったのに!」って言葉出てしまうから…

無理に遠出をして、移動時間に疲れてしまっては本末転倒です。

子ども達も巻き込みながら、どんなことをしたいのか聴くことが大切でした。

  • 家で映画鑑賞
  • 一緒に絵を描く
  • みんなでゲームを楽しむ
あさぎ
楽しい時間を共有できれば、どこでも幸せは得られるのだと気付きました。

子どもの話をしっかり聴く【傾聴する】

子どもの話をしっかり聴いてあげると、子どもは気持ちが満足します。

大人にとってはくだらない話でも、子どもにとって重要だし、大好きな親に聞いてもらいたい話なんですよね。

余裕がない時に、テキトーに返事をしていたら、ものすごく怒られてしまいました。

そして心を入れ替えて、片手間でなく、正面から話を聞くようにしたら、子どもとの関係も良好になりました。

話を細部まで聴けると、子どもの長所や不安に感じているところも分かるようになります。

あさぎ
夏休みは子どもの本音が聴けるチャンスです!

いいところを褒める【長所を見つける】

子どもの話をよーく聴いていると、一つや二つ長所が見つけられると思います。

その長所を褒めてあげると、子どもの自己肯定感が高まっていきます。

子どもを褒めると言っても、急に褒めると素直に受け取ってくれません。

だから話の流れにそって、子どもの長所を見つけて褒めるのが自然でGOODなんです!

例えば、息子はカードゲームがすごく得意なのですが、

「記憶力が優れているんだね!」

「一つのことに集中できるんだね!」

とカードゲームの会話をする時は、言葉を添えるようにしています!

あさぎ
たまに、「もうカード買うのはやめよう…」と本音が出てしまいますけどね。

【不登校の夏休みの過ごし方】信頼関係を築くためにやってよかったこと3つ!

今はゲームやメディアが普及し、親子関係が希薄になっています。

だから、親子のコミュニケーションを取る企画は積極的にやるべきだと思います!(子どもに無理がなければ)

「え~っ!ゲームしようと思ったのに~。」

と言われても、我が家はごり押してやりたいと思います!

だって、家族との交流が、世間との交流のお手本にもなるのですから!

ただ、子どもにも都合はあるので、事前に予定を聞いて、一緒に考えています。

ここでは、夏休みに我が家が実践してよかったことを3つご紹介します。

一緒に料理する【たこ焼き】

一緒に料理をすると、家族で一体感ができます。

たこ焼きは、みんなで役割を分担して作るので、和気あいあいとして楽しめます!

たい焼きを作ることで、どうしたら形がキレイになるか?どんな具が美味しいか?

など、家族で話し合えるのも楽しい点です。

とにかく【みんなで一つの事を共有して楽しむ!】という経験がとても大切だと思います!

プチ旅行【子どもがメイン】

子どもがメインの旅行をすると、自己受容感が育まれます。

自己受容感とは、「自分はありのままでいい」と思える感覚です。

この感覚が育たないと、褒め言葉を言っても、「でも私はそんなことない!」と否定し素直に受け取ってもらえないのです。

旅行は【自分で選んで行動する→失敗も成功も受け入れる】という【自己受容】の土台を育むことができるのです。

  • 目的地を決める
  • 電車で行く→切符を自分で買う
  • お昼のお店を決める
  • お土産を予算内で選ぶ

子どもが旅行で後悔や失敗をしても、絶対に責めたり、怒らないのがポイントです。

「この失敗もいい経験だよね!次に活かそうよ!」

と寄り添ってあげてくださいね。

あさぎ
成長するためには、失敗してその後どんな気付きを得るか、が大切なんですよね。

不登校になると、ドキドキしたり、失敗することが少ないため、必然として成長する機会も減っています。

子どもは「切符やお土産を自分で買えて楽しかったー!」と、とても嬉しそうでした。

あさぎ
子どもがメインの旅行は親子の信頼関係も深まってとてもおススメです。

一緒に新しい事を挑戦する【絵本】

HSC(以下繊細さん)タイプの子どもは、不安や自分には無理!という気持ちがあるため、一人で新しい事にはなかなか挑戦しようとしません。

そんな時は親が率先して、一緒に挑戦しようよ!という姿勢を見せるとよかったです。

我が家の娘は、読書が好きで、たまに絵を書いていました。

そして、時間もあるし「絵本を描いてみたらどう?」と提案をしてみました。

でも最初は全然やろうとしませんでした。

あさぎ
今思えば、一人だと心細かったんだと思います。それにそこまで熱意がない!

と言う訳で、一緒にやろうよ~!と声掛けをして、キャラとストーリー設定を考えていくことにしました。

1日1ページずつ、時にはさぼって、かなり日付が空いてしまいました。

それでもなんとか、28ページの絵本を達成させることが無事にできたのです。(半年位かかったかな?)

娘はとても喜び、一つの成功体験になりました。

1人では難しいことも、親が積極的に関われば、興味を持ってもらえる可能性が高いです。

あさぎ
続けるのが億劫になりましたが、そこを乗り越えないと充実感は得られないので、最後までがんばりました!

信頼関係ができたら話し合いたい【メディア時間のルール】

信頼関係ができて、コミュニケーションが取れてきたら、生活についても話しやすくなります。

我が家では、メディアのゲーム時間の目安をつくり、意識するように心がけています。

厳しく取り締まることはしませんが、ルール違反が目立つ場合はきちんとペナルティもします。

メディア時間のルールは、親の私がおおよその目安を決めました。

  • ゲームや動画は1日4時間を目安にする
  • 一時間に一回は休憩する(目安)
  • それ以上利用したい時は、勉強や運動を入れる
  • メディアは21時頃まで
  • スマホの利用は2時間まで(スクリーンタイム)

switchやタブレットでは、利用時間をチェックできるので、本人達にも把握してもらっています。

私も声掛けしたりしますが、自分で確認してもらい、気付いてもらうのが一番だと思います。

そして、ゲームやメディアの長時間対策として、料理や掃除の予定も入れています。

あさぎ
自分をコントロールできるならいいけど、ゲームにコントロールされてはダメだよ!と伝えてあります。

【まとめ】夏休みは親子の信頼関係を築くチャンスになる!

不登校中の夏休みは、周りの目を気にしなくていいので子どもはホッとしています。

夏休みの前半はダラダラ過ごしつつも、コミュニケーションや親子の共同作業信頼関係を築いていく。

夏休みの中盤に差し掛かったら、生活習慣やゲーム時間について、一緒に話し合える機会を持てるといいと思います。

【子どもが主体性を持つ旅行】は自己受容感が増すのでとてもおススメです。

そして、子どもがリラックスしている時に、親もしっかりリフレッシュしていきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる