不登校から再登校するには勇気がいる!怖い気持ちをスモールステップで乗り越えよう!

不登校から再登校するのって、すごく勇気がいることですよね。

久しぶりに学校に行くときは、周りの視線が気になってしまうようで、娘はとても怖がっていました。

この記事では、不登校から再登校する時に感じた怖さをどのように対処していったのかをまとめました。

我が家の兄はすんなり再登校できましたが、妹は「学校が怖い」と不安な気持ちを解消していくまでに、ちょっと時間が必要でした。

この記事が小学生で登校渋りしている親御さんの参考になりましたら嬉しいです!

目次

不登校から再登校する時は不安がいっぱいで怖い!

娘が久しぶりに学校に再登校する前日は、すでに準備する段階で「学校が怖い、怖い~」と言っていました。

何が怖いのか聞いてみたところ、周りの視線や、学校で上手くいくかどうか、などが不安の原因になっているようでした。

最初のうちは、「怖くない、怖くないよ~!大丈夫だよ~!」って伝えていたのですが、「怖くない」は逆効果になっている事に気付きました。

「怖い」と言っていたら、「そうなんだ、今は怖いんだね。」と寄り添ってあげる方が、子どもも気持ちも落ち着きます。

「怖い!」の気持ちを理解しつつ、学校のいいイメージ(給食や先生、好きな授業)の話をして、気を紛らわました。

そして、「怖い」以外にも「無理」「できない」など、否定的な言葉を使うと、脳の動きが悪くなってしまう事が分かりました。

あさぎ
「〇〇が心配だな~」「ドキドキするなぁ」など、言葉を言い換えてみようか~、と提案したりもしました。

再登校が決まったら親ができること

登校するぞ!となっても翌日になったら、「やっぱり今日はお休みしたい」となる事もありました。

当日になって、やっぱり不安になったり、いろいろプレッシャーもありますよね。

そんな時は子どもの気持ちに寄り添って、無理やり行かせる事がないようにしたいですね。

ただ、何が不安だったのか?などは聞くようにして、次の登校のきっかけに備えられたらベストだと思います。

娘の場合は、算数についていけるか心配だったり、進行中の授業に途中から入るのは、不安なようでした。

一喜一憂せず、その時は家で進められることや準備をして、次のタイミングに備えましょう!

不登校復帰初日はどうだった?【兄弟の場合】

兄弟ともども、周りからの目線や不安などから、なかなか教室に行けていませんでしたが、とあるきっかけに二人とも教室に行けるようになりました。

兄の場合

兄の場合は、修学旅行を1か月後に控えたあたりから、短時間ですが教室に行けるようになっていきました。

あさぎ
6年生として思い出を作れるのも後少し…。本人なりに何か感じたのだと思います。

兄の場合は、明日は行く!と決めたら、「怖い」とかはなく、すんなり教室に再登校ができました。

ただ、それまでに運動会に見学で参加したり、別室登校したりと、積み重ねがあったからだと思います。

妹の場合

妹の場合は、教室に行く日もあれば、別室登校の日もあり、自分なりにカスタマイズをして登校していました。

そんな不定期なリズムでの登校だったため、久しぶりに教室に向かう際には、不安で「怖い」という気持ちがありました。

今日は教室に行く!と決めた日も、「怖い」気持ちがなかなか払えず、学校の門で泣き出してしまい家へ引き返すこともありました。

ですが、翌日は担任の先生に玄関ま出迎えに来てもらい、先生と一緒に教室へ行くことができました!

あさぎ
もし教室に入れなくても、「今日はここまで来れたから、ちょっと成長してるからね!がんばったね!」とほめてあげました!

兄妹が教室にスパっと行けるようになったきっかけは、こちらの記事に書いています。

子どもに対しての接し方を具体的に教えてもらえたので、親の私も変わることができました!

「怖い」と言われた時の対処法は?スモールステップで乗り越えよう

「怖い」と言われたら、具体的に何が怖いのか聞いてみるとよいです。

うちの子の場合は、周りの視線も怖いと言ってましたが、とにかく怖い…。と言っていました。

不安な気持ちを聞いてもらえることで、「あれ?もしかして大丈夫かもしれない!」とちょっと不安も和らぎます。

また、「怖い」=「不安」です。

あさぎ
不安に思うのは、人間として危険を察知できることだから、悪いことじゃないんだよ!と伝えるのも効果があった気がします。

しばらく「怖い」と言っていましたが、学校に通っていくうちに「怖い」という言葉も減ってきました。

サボティ
行動あるのみだね!

怖い」と言っている場合は、子どもの小さな変化を見つけて褒めてあげると、子どもの自信につながると思います!

「今日は、昇降口まで行けたね!がんばったね!」

「今日は知らない先生と一緒に行けたね!だんだんできる事が増えているね!」

など、学校に行ける時間を少しずつ増やして、スモールステップで「怖い」を減らしていっています。

▶不登校解決の無料相談申し込みはこちら

【まとめ】「怖い」気持ちに寄り添いつつ、スモールステップで再登校!

不登校だった子どもが再登校するには、とても勇気がいる事だと思います。

だから、学校に行こうと思っても、当日になると怖くてやっぱりいけない時もあります。

そんな時は、「久しぶりに学校に行くのってすごく勇気がいることだもんね!」と気持ちに寄り添ってあげられたらいいと思います。

我が家の場合ですが少しずつ行ける時間が増え、次第に「怖い」という言葉が減っていきました。

最終的には先生に付き添ってもらって、教室まで行けるようになりました。

子どもの意思を尊重しながらも、スモールステップでサポートしていけたらと思います。

小学生で登校渋りしている親御さんの参考になりましたら嬉しいです!

再登校できるようになったきっかけはこちらの記事をどうぞ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる