復学支援の料金が高い理由考えてみる【各サービスの料金をまとめてみた】

復学支援 料金

こんにちは!

コンパションで理想の未来を実現するセラピスト あさぎです。

「復学支援の料金はどうしてあんなに高額なの?」と驚くことがありますよね。

今回は復学支援の料金が高い理由を考察したり、各サービスの料金表をまとめてみました

私が実際に利用してみた感想も書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

子どもが自立する唯一の方法はコンパッション(受容)です。

今ならLINEで、子どもを受容できる【コンパッションの魔法の言葉集】をお配りしています

目次

復学支援の料金は高い?SNSの口コミを調べてみた

Twitterで復学支援の料金について言及している口コミを集めました。

調べたところ口コミの数が思ったより少なかったです。

民間の復学支援はまだまだ一般的な方法として知られていないのかもしれません。

口コミを簡単にまとめてみました。

  • 初回カウンセリング2万円は高い
  • 料金システムの話ばかりで不信感
  • 訪問回数によってはものすごい料金になる

学費や食費がかさむ時期なのに、復学支援でもさらにお金がかかる。

方法が合えば復学できるかもしれませんが、合わない場合は逆に悪化してしまうこともあります。

そう考えると、高いな~、と感じてしまうのは無理ありません。

復学支援の料金が高い理由を考察してみる【効果があれば結果オーライ?】

復学支援の料金はどうして高いのか、利用してみた経験もあるので考察してみました。

  • オーダーメイドで対応してくれる
  • 24H対応あり
  • 学校とは違い民間ビジネスだから
  • サポート期間が長い

各家庭やこどもに合わせたきめ細かい対応をするには、不登校に対応する知識を持った人材が必要です。

そして週1の習い事とは違って、毎日サポートがあるため、人件費も必要です。

そして、緊急性の高い悩みから成り立つビジネスは高額になる傾向があります。

例えば、ダイエットのライザップも40万円位します。

でも急いで不登校を解決すると、一時的にはしぶしぶ登校しますが、後々またお休みしてしまう可能性があります。

ライザップも、短期間で痩せられますが、すぐリバウンドしてしまう、という話もよく聞きますよね。

つまり高い料金を出して、早く解決しようとすると、

自分の意思やペースではないので、元の姿にまた戻りやすいのですね

復学支援サービスの料金比較表

主要な復学支援サービスの料金を表にまとめて比較してみました。

スクロールできます
ペ〇レンツ
キャンプ
〇ンカレッジ不登校支援
センター
逸高等学院
無料
カウンセリング
初回
カウンセリング
11,000円10,000円16,500円有料面談
具体的な
支援(料金)
40,000円/月記載なし学業支援
発達障害支援
オーダーメイド
アドバイス
成果報酬小学生
275,000円~
中学生
495,000円~
記載なし記載なし

初回カウンセリングの相場は1時間1万円~1万5,000円位です。

ペ〇レンツさんは、圧倒的に料金が高いですね。

支援が10か月あるとすると、トータルで40万円。小学生の子が復学した場合に30万円。

70万円必要になってきます。

この他にもカウンセリングや交通費などは別にかかるので、中学生が復学した場合は100万円を軽く超えそうです…。

復学支援の方法がバラバラなので、なんとも言えませんが、

もし仮に復学できるとしても、後々お金のことであらたな悩みができそうです。

【まとめ】復学支援が高いのは長期間で毎日サポートがあるから!

やはり、マンツーマンで長期間継続してくれる復学支援は高額です。

ですが、本人の意思を尊重しない支援方法だと、いずれ不登校に逆戻りしてしまう可能性大です。

ですが、子どもと向き合い、自立へ導いてくれる方法であれば、

先行投資だと思って、お願いするのもアリだと思います。

会話や日々の出来事毎日添削してくれるため、どうしても高額になってしまうのです。

まずは、復学支援の前にやれるだけのことを、やってみるのがおススメです。

子どもの主体性を引き出すには、コンパッション【受容】が大切です。

受容されて「ありのままでいいんだ!」と感じられたら、子どもはいずれ動き出せるようになります。

今ならLINEで、子どもを受容できる【コンパッションの魔法の言葉集】をお配りしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次