生姜紅茶の飲むタイミングはいつがベスト?寝る前や1日何杯まで飲んでいいのか調べてみた!

生姜紅茶を飲む時はいつがいいかな?他の飲み物もあるし…

生姜紅茶は、身体を温めたり、ダイエットにも効果があり、生活に取り入れている方も多いですよね。

では生姜紅茶は、どのタイミングで飲むのが一番効果的なのでしょうか?

この記事では、生姜紅茶を飲むタイミングや、生姜紅茶の飲み方の疑問についてまとめました。

生姜紅茶の飲むタイミングはいつがベスト?

生姜紅茶といえば、医者の石原結實先生が提唱した健康法で、2000年代前半に大ブームになりました。

2021年になっても「生姜紅茶」は相変わらず健在です。

石原先生の娘の石原新菜先生も温活ドクターとして活躍中です。

石原新菜先生によると、生姜紅茶の飲むタイミングは、「朝と入浴前は必ず飲みましょう」とのことでした。

朝と入浴前は必ず飲みましょう。ほかはいつ、何杯飲んでも構いません。

引用:ケンカツ!

朝食に生姜紅茶を飲むことで、低い体温から体を温めて代謝を上げる効果があります。

そして、入浴前に飲むことで、血行がよくなり発汗作用も促してくれますよ。

朝と入浴前に飲むと、ダイエット効果も高まりますね!

あさぎ

生姜紅茶は1日何杯くらい飲むのが理想なの?

医師の石原新菜先生によると、生姜紅茶は1日3〜6杯飲むが理想的だとされています。

石原先生は、1日3杯の生姜紅茶が日課だそうです。

私もだいたい3杯位飲んでいます。他にも白湯やプロテインを飲んでいるので。

あさぎ

何杯飲んでも大丈夫!ってあるけど、飲みすぎてカフェインは大丈夫なのかな?

紅茶にはカフェインが含まれているので、たくさん飲みたい方はカフェインの量が気になりますよね。

欧州食品安全機関では、成人の1日当たりのカフェインの最大摂取量は400mgと定めています。

紅茶のカフェイン量は100mlあたり、30mg含まれています。

紅茶なら大きめのマグカップ5杯位は飲めるね!

カフェインが気になる妊婦さんや、たくさん飲みたい方は、ノンカフェインの紅茶で生姜紅茶を作ってみてくださいね。

生姜紅茶を寝る前に飲んでも大丈夫?

紅茶はカフェインが入っているけど、寝る前は飲んでも大丈夫かな?

紅茶にはカフェインが入っているので、寝る前に飲むと目が冷めてしまうのでは?と心配になる方もいますよね。

紅茶には、テアニンというカフェインの吸収を抑える働きをしてくれる成分が入っています。

つまり、1杯位の寝る前の紅茶なら、覚醒作用が起きることは考えにくいです。

生姜紅茶なら体も温まるし、リラックスさせる効果があるので、寝る前でもよっぽど大丈夫です。

【まとめ】生姜紅茶を飲むタイミングは朝と入浴前が効果的!

温活ドクターの石原新菜先生によると、生姜紅茶を飲むタイミングは朝と入浴前を提唱されていました。

  • 【朝】低い体温が上がり代謝が高まる
  • 【入浴前】血行がよくなり発汗作用が高まる

そして生姜紅茶は1日3〜6杯程度飲むのが理想的です。

1日何杯でもよいとされていますが、カフェインの最大摂取量が成人は1日400mgです。

たくさん飲みたい方は、ノンカフェインの紅茶で作るといいですね。

あさぎ

朝と入浴前に飲むと、ダイエット効果も高まるので、ぜひこのタイミングに飲んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です