【温活】体が温まる飲み物は?私が取り入れた温活ドリンクは生姜紅茶!

温かい飲みものでも、体が温まらない飲み物もあるのかな?

温活をするにはまず、体を温める事が大切です。

温まる飲み物だと思って飲んでいても、実は体を冷やす原因になっていることもあります。

例えばホットコーヒーは、少量なら温まりますが、たくさん飲むと体が逆に冷えてしまいます。

この記事では、体が温まる・冷える飲み物の見分け方などをまとめました。

実際に私が飲んでいる温活ドリンクも書きましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

あさぎ

体が温まる・冷える飲み物の見分け方は?

体が温まる飲み物かどうかは、下記の2つの方法で判断ができます。

全てにあてはまる訳ではありませんが、参考にしてみてくださいね。

発酵しているかどうかで見分ける

発酵食品は体を温める酵素が入っているので、体が温まります。

発酵している飲み物には、紅茶・プーアル茶・甘酒などがあります。

赤ワインや日本酒も発酵飲料で、適度な量であれば血行がよくなり、冷え性の改善やストレス解消につながります。

お酒の場合は、飲みすぎに注意ですね。

あさぎ

色・成分・産地で見分ける

基本的には、「暖色系は体を温め、寒色系は身体を冷やす」と覚えておくと見分けやすいです。

例えば、コーヒー豆は黒色・南国産なので体を冷やす飲み物になります。

コーヒーは暖かい場所で作られるので、こもった熱を下げるため、体を冷やしてしまうんだね。

また、体をあたためる成分名を覚えておくと、判断しやすくなります。

  • ココア→カカオポリフェノール
    【血行促進】
  • 紅茶→テアフラビン
    【血液の巡りをよくする】
  • ショウガ湯→ショウガオール
    【体内で熱を作り出す】

あさぎ

ショウガオールがたくさん入っている飲み物は、本当に体の芯からポカポカが実感できます。

【体が温まる飲み物】5種類の成分や効果をまとめてみた!

体が温まる成分が入っている飲み物の効果をまとめてみました。

温め効果以外にも、体によい効果にも注目してみました。

ココア

  • 【成分】カカオポリフェノール
  • 【効果】血行の促進

ココアには血行の促進以外にも、テオブロミンという成分が集中力や記憶力を高める効果あると言われています。

市販の甘いココアの飲み過ぎは健康に悪いので、糖分を加えていない「ピュアココア」がおすすめです。

アイスココアの場合も、麦茶より身体を冷やさずに飲むことができるので、夏にもいいですね!

あさぎ

紅茶

  • 【成分】テアフラビン
  • 【効果】血液の巡りをよくする

紅茶は茶葉に含まれる酵素で酸化発酵して作られます。

さらに、紅茶に含まれるポリフェノールには、脂肪の吸収を抑える効果があるようです。

血流もよくなるし、脂肪もつきにくくなるなら、食事の後に飲むとよいね。
カフェインも入っているので、寝る前や摂りすぎには注意です。

あさぎ

ショウガ湯

  • 【成分】ショウガオール
  • 【効果】体の芯から温まる

ショウガオールとは、生の生姜に含まれている辛味成分「ジンゲロール」が加熱されたものです。

生の生姜のままだと、体の表面だけ温められますが、発汗が促され結果的には体は冷えてしまいます。

生姜を加熱した「ショウガオール」なら、体の芯から温まる効果があります。

あさぎ

他にも脂肪を燃えやすくする働きもあるので、ダイエット効果も期待できます。

甘酒

  • 【成分】ビタミンB群
  • 【効果】血行をよくし美肌を促す

甘酒に含まれるビタミンB群は、エネルギー代謝を助け、免疫力を高める効果もあります。

「飲む点滴」ともよばれ、江戸時代には夏バテ予防のドリンクとして大人気だった背景も。

甘酒は温める効果よりも、豊富な栄養で「飲む点滴」の方が有名ですね。

栄養価も高いけど、エネルギーも高いので、飲む量には注意が必要です。

あさぎ

赤ワイン

適量のお酒は、飲むと一時的に血行がよくなり体が温まります。

しかし、冷えたお酒は時間が経つと、逆にアルコールが肝臓内で分解される際に大量の水分が消費され、体が冷える結果になります。

ホットワインなら、新陳代謝が高まり、体が温まる効果が期待できますよ。

しかしアルコールの摂りすぎは体によくないので、ほどほどの量に控えましょう。

私が試している温活ドリンクは2種類

温活する際には、日常に温める飲み物を習慣として飲んでいきたいですよね。

私の場合は、普通のお茶やコーヒーを控えて、新たに温活ドリンクを飲み始めました。

あさぎ

生姜紅茶

先程の体が温まる飲み物でも、紅茶とショウガ湯がありましたが、2つ同時に飲めるのが【生姜紅茶】です。

生姜紅茶の作り方は、3種類あります。

  • 生姜をすりおろして作る
  • 生姜パウダー・チューブで作る
  • 市販のティーバックで作る

私はその度に作るのが大変なので、【温活小町】という生姜紅茶を飲んでいます。

またいろんな方法で作ってみて、どの生姜紅茶が一番ポカポカするのか、コスパがよいのか検証してみたいと思います!

プロテイン

体温を上げるためには、筋肉がかなり需要だという事が分かりました。

筋肉を増やすためには、適度な運動とタンパク質が必要です。

あさぎ

私の場合は、運動不足かつタンパク質不足が発覚したので、手軽に取れるプロテインを選びました!

プロテインは、女性が不足しがちなミネラルや鉄分も摂れるから一石二鳥です。

温活ドリンクとはちょっと違う気もしますが、タンパク質がないとまず筋肉が作れません。

30代後半からの疲れや体調不良に悩んでいる方は、温めるドリンク+プロテインで、温活してみてはいかがでしょうか。

【まとめ】体を温める飲み物でダイエットの効果も期待できる!

体が温まる飲み物は、血行を促進したり、他にも脂肪の吸収を抑えるなど、ダイエット効果も期待できます。

甘酒や市販のミルクココアは、エネルギーが高いので摂りすぎ注意です。

手軽に常飲するなら、ショウガ湯・紅茶・生姜紅茶、などが飲みやすいと思います。

あさぎ

はちみつやシナモンを入れたり、アレンジもできます。

生姜紅茶は10年以上も前に、医師の石原先生の生姜紅茶健康法でも話題になっていましたが、今も変わらず健在ですね。

体を冷やす飲み物を控え、温める飲み物を取り入れて、体温アップを目指していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です