蒸ししょうがをオーブンで作ってみた!ショウガオールのポカポカ効果がスゴイ!

蒸ししょうが

蒸ししょうがとは、生姜を蒸した後乾燥させたものです。

加熱した生姜と生の生姜では、加熱した生姜の方が温める効果がUPします。

じゃあ、温活には蒸ししょうがはぴったりだね!早速作ってみよう!

あさぎ

この記事では、オーブンで作る蒸ししょうがの方法をまとめました。

蒸ししょうがを作るのは簡単ですが、ちょっとデメリットもあるので、これから作る方はぜひ読んでみてくださいね!

生姜は加熱するとあたため効果がUPする!

生姜は生のままでも、ジンゲロールという辛み成分があり、あたため効果があります。

しかし、80℃で加熱を加えることでジンゲロールの一部が、ショウガオールという成分に変化をします。

このショウガオールによって、温め効果、免疫力UP、脂肪燃焼効果がさらにパワーアップします。

ショウガの状態 成分 効果
ジンゲ
ロール
 血行の促進
体の表面温度UP
代わりに体内
温度を下げる
抗炎症効果
80℃
に加熱
ショウガ
オール
血行の促進
体の芯から
温める

ジンゲロールでも体の表面温度を上げる効果がありますが、体の深部を冷やす効果もあるのです。

やはり、体の芯からの温め効果を狙うなら、加熱してショウガオールを取り入れたいですね!

あさぎ

蒸ししょうがをオーブンで作ってみた

蒸ししょうがの作り方は蒸し器とオーブンを使う方法の2種類があります。

我が家には蒸し器がないので、オーブンで作ることにしました。

材料は生姜のみです。

蒸ししょうがの作り方

①しょうがを洗って、皮はむかない。黒いところがあれば取り除く。
②1ミリ位の厚さにしょうがをスライスする。
③オーブンの鉄板にスライスしたしょうがを並べる。
④80℃(設定できなければ100℃)で1時間ほど加熱する。
⑤一時間経過したら、完全に乾燥しているか確認する。
(水っぽさが残っていたら、再度10〜15分ほど加熱。)
⑥乾燥したものを、ミルサーで粉末上にする
⑦できあがり

スーパーで100円位のしょうがを購入してきました。

早速洗って包丁で薄くスライスをしていきます。

薄くスライスした方が、オーブンの加熱時間が少なくてすみます。

あさぎ

そして、スライスしたしょうがをオーブンの鉄板に並べていきます。

スライス生姜を並べた画像

80℃の加熱が推奨されていますが、うちのオーブンは100℃以下は設定できませんでした。

まずは100℃で60分加熱してみました。

加熱したしょうがスライス

加熱すると色が変化して、スライスがぎゅっと凝縮されました!

60分ではまだまだ水っぽさが残っていたので、20分程追加しました。

そして、乾燥した蒸ししょうがをミルサーにかけます。

蒸ししょうが ミルサー

 

ががーっと、30秒程回したら、蒸ししょうがパウダーの完成です!

蒸ししょうが 重さ

67gのしょうがでしたが、パウダー上にすると3.5gになってしまいました。

想像していたより、少ない量になってしまいました!

生姜はほとんど水分だったのですね。

蒸ししょうがの粉末は、1日1〜2gが目安です。

あさぎ

密閉できる保存容器に乾燥剤と共に冷暗所に保管すれば、常温で3ヶ月くらい保存できるそうです。

蒸ししょうがの粉末はとってもスパイシー&ポカポカ

早速蒸ししょうが1gを紅茶に入れてみました!

とってもスパイシーだし、体の芯から温まります。

生姜紅茶

とは言え、1gは多すぎました。ほんの少しの量でも充分ポカポカ間があります。

あさぎ

3回の食事のスープや飲み物に、少しずつ取り入れていくのがいいと思います。

ただ、手作りのため粉末になりきっていないので、大きな粒の生姜がちょっと飲みにくい点も…。

生姜の粒が気になる場合は、茶こしを利用してもいいかもしれませんね。
生姜を普段食べ慣れていない方は、少量から試してくださいね!

あさぎ

オーブンで作る蒸ししょうがと市販の蒸し生姜の粉末を比較!

蒸ししょうがの粉末は、飲み物や料理など手軽にショウガオールが取り入れられて、とても便利ですよね。

ただ、手作りだと手間ひまがかかる割に、あまり量が作れないのがデメリットです。

そうしたら、市販の粉末を買った方がコスパがよいのでは…?

そこで、手作りの蒸し生姜と市販の蒸し生姜パウダーのコストを比較してみました。

スーパーで生姜を購入した時、100g=100円だと考えると、1500円購入すると1500gになります。

そして、先程蒸ししょうがを作った時に、生姜の重さの5%程が粉末になりました。

1500gの生姜から約5%の蒸し生姜ができるとすると、75gの粉末ができます。

一方、市販のしょうがパウダーは1490円で70gで販売されています。

手作り蒸ししょうが みらいの
しょうが
料金 1500円 1490円
75g 70g

手作り蒸し生姜を75g手作りすると、何回も生姜をスライスしたり、オーブンを稼働させる必要があります。

それなら、市販パウダーを買った方がコスパよいかも…!

あさぎ

常飲するなら料金的にも高い訳ではないので、市販の生姜パウダーもあった方が簡単にショウガオールを取り入れられます。

▶【送料無料】みらいのしょうが 70g を購入するにはこちらをタップ

【まとめ】蒸ししょうがは市販のパウダーでも上手に取り入れよう!

蒸ししょうがは、スライスした生姜をオーブンで80℃で1時間程加熱すると完成します。

蒸ししょうがの粉末は、料理や飲物に入れることで、手軽にショウガオールを取り入れられます。

ショウガオールは、体の芯から温める効果や燃焼効果もあるので、温活するなら見逃せないです!

あさぎ

意外と簡単にできますが、粉末にしたものは生姜の量に対して5%位の量にしかなりませんでした。

たくさん作るには、生姜をスライスしたり、オーブンにかけたり、いろいろ手間や時間がかかります。

生姜パウダーにかかる料金は、手作りも市販でもそんなに差はありませんでした。

時間があるなら手作りもいいけど、忙しい時は市販のパウダーが楽ちんだね。

あさぎ

ショウガオールを毎日の食事に取り入れるなら、市販の生姜パウダーもぜひ利用してみてくださいね。

▶【送料無料】みらいのしょうが 70g を購入するにはこちらをタップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です