スダチ(旧:逸高等学院)の不登校を3週間で解決する方法を実践してみた結果!

こんにちは!

コンパッションで家族の理想の未来を実現するセラピスト あさぎです。

この記事では、スダチの【不登校を3週間で解決する方法】の実践レポートをまとめました。

その結果、兄には合っていましたが、妹には厳しい面もあり、最後までやり切ることはできませんでした。

それでも二人とも登校できたので、一つの方法としてはアリなのだと思います。

解決方法のよい点、難しかった点などをお伝えしますので、参考になりましたら嬉しいです。

子どもが自立する唯一の方法はコンパッション(受容)です。

今ならLINEで、子どもを受容できる【コンパッションの魔法の言葉集】をお配りしています。

目次

スダチ(旧:逸高等学院)の不登校支援の流れ

無料相談の後に、2時間の有料相談があります。

費用は少し高いと感じますが、この状態が改善できるなら…と思える金額になっています。

有料相談の前には、利用規約や契約書などを電子サインをします。

文章が長かったため詳細まで読み込んでいませんが、

「解決方法の内容は著作権があるから話さないでください。」

という内容が書いてあります。

有料相談は2時間!解決方法を教えてもらう

有料面談はオンライン(zoom)で行われました。

いろいろ込み入った話をするので、個室とヘッドフォン推奨です!

もちろん顔出しなしでOK。

子どもたちにも仕事をするから部屋には入ってこないでね!と伝えておきます。

この面談のメインは、【こどもが自ら再登校する5つの条件】です。

  • こんな時どうするの?
  • こんなセリフ言われたらなんて返せばいい?

質問にも答えてもらえるのでメモ必須です。

私の場合は教えてもらったセリフをメモして、子ども達の前で堂々と言えるように何回も練習しました。

解決方法は、私が知っていても、行動に移せていないものでした。

あさぎ
子どもを信頼して、どーんと待つ、躾はしっかりする、全然できていなかった~‼

これって、母性というよりか父性なんです。

うちは父親が不在だから、父性のエッセンスが足りなかったんだな、と。

母親一人の育児だと子どもに対して、過干渉になり甘やかしてしまいがち。

自分一人では気付くことができなかったので、いい機会になりました。

有料面談の後に、具体的な支援(毎日のメールアドバイス)が必要かどうか確認があります。

我が家の場合は、五月雨・別室登校はできていたので、支援なしの選択をしました。

担当の方からも、あさぎさんの家なら支援なしでも大丈夫そうですね!と言っていただけました。

スダチ(旧:逸高等学院)の【不登校を3週間で解決する方法】を実践!

早速次の日に具体的に実践です。

家族のルールを作ってみんなで守るというものです。

子どもたちの反応は兄弟で違いました。

小6兄「え…、やるの?まぁ、しょうがないよね。そうだよね。」

兄はもう小6なので、結構すんなり受け止めてくれました。

小4妹「え…、やるの?やだ、やだ~!」

妹はあまり受け入れられない様子です。

妹は翌日ルールを守れるか不安なため、部屋で1時間程大泣き&大暴れしていました。

「お母さんが怖い~」とも言っていました。

急にこれまでと全然違う生活方針になったのでとまどったのでしょうね。

あさぎ
お母さんにとっては、この生活がこのまま続く方が怖いよ…。

家族みんなで取り組むから怖くないよ!となだめて気持ちを落ち着かせます。

メソッド実行中には、妹がルールを受け入れられず、自分の部屋に半日引きこもっていた時がありました。

思い通りにならないので、とまどっているのだと思います。

機嫌を悪くすれば、お母さんは機嫌を取るためにルールを解除してくれるんじゃないかって。

あさぎ
でも子どもの顔色は伺わない!周りが変わるんじゃなくて、本人が変わらなきゃいけない時がある!

と心を鬼にして、見守っていました。

大変だったのはその半日だけで、後は比較的スムーズに対応できたと思います。

実践6日目で兄は教室登校!修学旅行もフル参加できた

解決方法を実践してから、兄が久しぶりに教室登校できました

相談室にはいけていましたが、いつぶりになるのだろう…。記録がなくてすみません。

確か2ヶ月前にちょっと1時間行った位なんです。

3時間目から5時間目まで教室で授業を受けることができました。

もちろん修学旅行にもフル参加です!

当初は私が付き添いするか、現地に前乗りしないといけないのでは、と心配していた位です。

あさぎ
クラスの雰囲気になじむためにも、教室復帰できてホッとしました。

実践14日目で妹は久しぶりの教室登校

妹は教室登校までにちょっと時間がかかりました。

妹ならではの問題がまだ残っていたんです。

でも解決方法を実行してから親子関係がよくなったのか?悩みを話してくれるようになりました。

妹は視力が落ちていて、黒板が見えなかったんです。

でもそれを言うと、ゲームができなくなると思ってお母さんには言えなかったって…。

あさぎ
えー!そんな理由で学校に行きづらかったなんて。早く行ってくれればよかったのに。

その日のうちに眼鏡を買いに行きました!

そして6時間目に無事教室登校できたのです。

ちなみに布団が合っていないため、熟睡できていないことも発覚したので、布団も一式買っています。

教室登校その後、再登校はゴールじゃなかった

11月中旬に解決方法を実践した後、12月中は継続していて教室登校ができました。

でも、冬休みが明けてからはまたお休みが多くなりつつありました。

あさぎ
あれ~、こんなはずでは…。

有料面談でもらった資料をもう一度読み返すと、こんな記載がありました。

ダラダラやってもあまり効果はありません。

あさぎ
あー、私自己流でやってしまったよ。しょうがないかぁ。

また五月雨登校に戻ってしまいましたが、教室登校できるきっかけになったので、失敗したとは思っていません。

それに、解決方法を全日程やりきるのは、とても辛いなぁと感じていたからです。

この解決方法をやりきれば、継続登校できると思いますが、合う合わないはあると思います。

  • 支援を受けた場合で万が一不登校が再発してしまった場合は、また対応しますとの記載がありました。

【まとめ】短期間で登校(行動)したいには向いているサービス

この解決方法は、短期間でどうしても登校(行動)したい人に向いています!

ただ、子どもがホントに学校に行きたいかどうかは、子どもにしか分かりません。

言葉だけでは、本当は行きたくない場合もありますので、しっかり行動が伴っている時のみです。

別室登校している、行事や友達の話をし、学校に希望が持てている、などです。

子どもの心身が休まっていない状態で、親が先回りして申し込むと、子どもの状態が悪化する可能性があります。

▶逸高等学院の公式HPはこちらをタップ

子どもの本当の自立を促すのはコンパッション【受容】です。

受容することで、子どもは自信を持てるので、失敗を恐れず挑戦しようという意欲が湧いてきます。

そして、再登校した後も、受容し続けて、不安定な気持ちに寄り添っていく必要があります。

再度不登校ににならないためにも、受容というスキルを身に付けていきましょう!

【コンパッションの魔法公式LINE】

今ならLINEで、子どもを受容できる【コンパッションの魔法の言葉集】をお配りしています。

今日からでもすぐ子どもにお伝えできますので、ぜひLINE登録してくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次