カーブスって本当に痩せる?痩せない人の共通点3つがアンケートで分かった!

カーブス 痩せる 共通点

カーブスって本当に痩せるのかな?実際の口コミが知りたいな。

カーブスは1回30分の女性専用フィットネスです。
1回30分の運動で本当に痩せられるのかな?と心配になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、カーブス利用者30人にアンケートを取って、どんな変化があったのか調査しました。

調査したところ、痩せない人には3つの共通点がある事が分かりました。

カーブスの運動内容や雰囲気が自分に合うのか、ぜひ参考にしてみてくださいね!

カーブスで痩せる人はいる?アンケートで効果を調査!

カーブスの利用者30人に、体の変化があったかどうか調査をしました。

カーブスに通って効果はあった?のグラフ

 

その結果、体重が減った人が11人、体の変化があった人が4人でした。

つまり、半数の人がカーブスに通って効果を感じています。

逆にカーブスで痩せられない人も半数いるんですね!意見が分かれています。

あさぎ

カーブスに通っても痩せられない原因は2つです。

  • カロリー消費量よりも摂取カロリーが多い
  • 通えていないので、カロリー消費が少ない

つまり運動量が少なかったり、摂取カロリーが多いままだと、いくらカーブスに通ったところで効果が出ないのです。

それでは、効果があった方の通った頻度や結果を一部ご紹介します。

年齢 通った
年数
回数(週) 結果
20代 2年 2〜3回 半年で
5kg
30代 6ヶ月 2〜3回 1ヶ月で2kg
40代 1年 2〜3回 3ヶ月で2kg
50代 6ヶ月 2〜3回 2kg減
体が引き締まる

アンケートの結果では、20〜50代の方まで幅広く回答していただけました。

おおよその方が、平均で2kg程減量に成功していました。
そして、50代以上向けの運動量に合わせているため、若い人や体力がある人には物足りない、という点も分かりました。

カーブスは無理なく運動できますが、30分だともう少し運動したい!と感じる方もいます。

あさぎ

カーブスで痩せた人の共通点2つ

カーブスは1日30分の運動なので、運動量がそこまで多い訳ではありません。
だから体重を減らすためには、ちょっとした工夫も必要です。

カーブスで痩せた人には2つの共通点がありましたのでご紹介します。

週2〜3回通う

女性ジム イメージ

 

カーブスで痩せた人は、週2〜3回通っていました。

カーブスでも一番効果的な通い方は、1日おきが推奨されています。

カーブスの1回あたりの消費カロリーは、200〜300Kcalだと言われています。

週に3日通えば、600〜900Kcalの消費になります。
(この消費カロリーについては、年齢によって代謝やマシーン負荷が個人差があり)

また運動をすれば基礎代謝も上がっていくので、脂肪が燃えやすい体質になります。

アンケートの結果でも、半年以内に2〜3Kg減量の成果を出している人が多かったです。

2〜3回位は通わないと、消費カロリーが少ないから、効果が薄くなってしまうんですね!

あさぎ

食生活を改善する

ヘルシーな食事

減量をするためには、運動だけでなくカロリー制限も大切です。

せっかく運動でカロリーを消費しても、その後甘いものや炭水化物でカロリー摂取をしていたら意味がありません。

カーブスで痩せた人は、食生活も改善していた事が分かりました!

  • 食事を野菜や豆腐などカロリーコントロールをしていた
  • たんぱく質を多く含む食事を摂るよう心がけていました
  • 間食を減らした

30代に入ると筋肉は年に1%も減ると言われています。

筋肉が減ると脂肪になり、基礎代謝が落ちてしまいます。

筋肉をキープするにはタンパク質が必要です。

だから、カーブスではプロテインを販売していたり、食生活の相談もできるんですね。

あさぎ

カーブスで痩せない人の共通点3つ

そしてカーブスで痩せない人には、共通点が3つあることが分かりました。
自分自身の問題もありますが、そもそもカーブスと相性が悪い場合もあります。

運動量が少なかった

カーブスは1日30分の運動量でOKとされています。
そしてカーブスのターゲットは、50代以上の主婦です。

つまり、20〜40代の女性や50代でも体力がある女性は、運動量が物足りないと感じるのは当たり前なんです。

通常のジムでは、週2〜3回で1回につき1〜2時間が目安とされています。
カーブスは半分位の運動量にしかなりません。

また、マシーンを使う時になんとなくやっていると、消費カロリーも少なくなってしまいます。

「今はここの筋肉を使っている!」
「深い呼吸をしながらやってみよう」

などしっかり意識を持つことも大切ですね。

運動量以上に食べてしまった

 

ダイエットをするためには、運動と食生活のバランスが大切です。
カーブスで痩せなかった人は、下記の意見が寄せられました。

  • カーブスが商業施設に入っており、カーブス後にパンやケーキなどを買って食べてしまっていた。
  • コロナで家にいる時間が長くなり間食が増えていたことが原因だと思います。
  • 食生活の節制ができなかったこと

せっかく運動をしても、パンやケーキお菓子などをセーブしないと、現状維持になってしまいます。

ちなみにカーブスに1回行って200kcal消費したとしても、食パン1枚食べると意味がなくなります!!

行く回数が少なかった

カーブスで効果が感じられなかった方は、そもそも行く回数が少ないという結果になりました。

痩せた方が週2〜3回通っていたのに対して、効果がなかった方は週1回しか通っていませんでした。

週1回の有酸素運動でも、全く運動をしないよりはマシですよね。
でも、週1回30分の運動だけだとしたら、消費カロリーは200〜300kcalです。

体脂肪を1キロ落とすために必要なエネルギー消費量は、7,200kcalです。

つまり体脂肪を減らすには、

  • 消費カロリーを1日240kcal増やす
  • 摂取カロリーを1日240kcal減らす

このどちらか、もしくは両方を意識することが大切です。

週1回の運動(300kcalで計算) の場合では、1キロ減らそうと思ったら約6ヶ月程かかる計算になってしまいます。

週1回の運動だけでは、変化がゆっくりなので効果がなかなか実感できません。

あさぎ

カーブスの特徴と向いている人は?

カーブスは痩せる人もいれば、痩せられない人もいるのが事実です。

アンケートで調査した結果、カーブスとの相性が悪いので続けられなかった方もいます。

つまり、カーブスの雰囲気やシステムが合えば、継続できて結果も残しやすいのではないでしょうか。

カーブスの主な特徴をまとめてみました。

カーブスの特徴
1日30分フィットネス
運動強度は弱め
50代以降の女性が多く利用している
週2〜3通わないと痩せにくい
営業時間が短い

この特徴やアンケートの意見から、カーブスと相性が合う人を検証してみました。

カーブスが向いている人
週2〜3回は通える
食生活も自分でコントロールできる
無理なく運動したい
高齢の女性が多い雰囲気でも大丈夫

とにかくカーブスで体脂肪率を減らしたり、体重を減らすには、週2〜3回通うことから始まります。
家が遠かったり、仕事が忙しい人は行きづらくなってしまいますよね。

そして、運動量は1日30分が目安なので、そこまでハードな運動を求めていない人ならピッタリです。

カーブスには鏡やスパがないので、人の目を気にする必要がありません。
マイペースに運動してささっと帰りたい人にも向いています。

相性が悪い?カーブスが向いていない方

カーブスは50代女性がターゲットなので、もちろん相性が悪い人も出てきます。

カーブスが向いていない人の特徴はこちらです。

カーブスが向いていない人の特徴
週に1回位しか通えない人
食生活が変えられない人
日中の仕事が忙しい人

カーブスは、週に2〜3回通って続けてやっと効果が現れてきます。

「継続して通うことが難しい」

「通えるけど、食事の管理ができない」

こんな方は、カーブスで健康的にダイエットをすることは難しくなってしまいます。

カーブスでも食事の相談にのってくれますが、専門的にアドバイスがある訳ではありません。

ダイエットは、運動の習慣だけでなく、食事の管理がとっても大切です。

【まとめ】カーブスは週2〜3回通わないと効果が薄い!

カーブス利用者にアンケートの結果、週2〜3回通わないと体に変化がない事が分かりました。

カーブスで痩せた人は、食生活を意識したり、カーブス以外でも運動をしています。

体脂肪を1キロ減らすには、エネルギー消費量は7200Kcal必要です。

カーブスに週1回通っただけでは、消費kcalは200〜300kcalなので、全然運動量が足りません。

そして、カーブスの有酸素運動は、50代の女性向けに無理がないような運動量になっています。

だから、20〜40代の女性は運動量が足りず、物足りないと感じるのはしょうがないとも言えます。

カーブスは、無理がない運動で、ゆっくり体脂肪を減らしていきたい方にはおすすめです。

しかし、こんな方はカーブス以外の運動習慣を探してみてください。

  • 雰囲気が合わない
  • たくさん運動したい
  • 夜や日曜も運動したい

またカーブスで効果が出ない場合は、食生活の改善にも取り組んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です